このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/22(土) 10:08:11.63



    01d2b2bd66b9f3c87603cdbc67e01874


    「7億円運ばせた」名乗る社長、福岡現金強奪の関与否定 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

    福岡空港国際線で20日に7億円超の現金を国外へ持ち出そうとしたとして、韓国籍の男4人が関税法違反の疑いで逮捕された事件で、「自分が運ばせた」と名乗る韓国・ソウルの自動車販売会社の男性社長(42)が21日、朝日新聞の取材に応じた。

    高級輸入車の購入代金として預かったものだと説明し、福岡・天神で20日昼に起きた3億8400万円強奪事件とは、「全く関係がない」と否定した。

    社長の説明によると、東京の日本人男性から、伊フェラーリの高級車「ラ・フェラーリ」2台を受注した。

    20日午後5時ごろ、男性が準備した2台分の代金約7億3500万円を福岡空港で受け取り、自社の社員4人に香港まで運ばせようとしていたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000098-asahi-soci


    【7億円で福岡空港 逮捕の韓国人、本当に無関係だったかw 「ラ・フェラーリ2台分の購入資金だ」】の続きを読む

     
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/21(金) 21:59:16.38

    中川議員のがん闘病中の妻、テレビ取材に正座で謝罪…本人は女性問題発覚後、公の場に出ず

    2017年4月21日 14時30分

    スポーツ報知

    女性問題を理由に経済産業政務官を辞任し、自民党を離党した中川俊直衆院議員(46)=広島4区=の妻が、20日にフジテレビの取材に応じて謝罪した。

    21日の放送で同局の各番組で放送された。

    中川氏の妻は、がん闘病中ということで帽子にマスク姿でカメラの前で取材に応じた。

    そして「本当にこの度は主人の行為によって、大変ご迷惑をおかけしたことを心から主人共々お詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と正座をして頭を下げた。

    さらに「主人がしてしまったことに対して、連帯責任と言ったらおかしいですが、少なくとも私は主人の仕事の手伝いをしていることもあり、私ができるのはお詫びをすること」と語った。

    中川氏は騒動の発覚後、公の場に出ておらずフェイスブックで釈明したのみ。

    この日の離党届提出も代理人が行った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12966100/

    no title

    no title


    【フジテレビが元自民、中川俊直氏の妻(ガン闘病中)に突撃取材→妻は帽子にマスク姿、正座し謝罪】の続きを読む

     
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/21(金) 21:10:43.89




    キャプチャ


    首相官邸(災害・危機管理情報)
    @Kantei_Saigai 【もしもの時への備え】もし、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動を、パンフレットにまとめました。

    もしもの時の避難方法を十分に確認しておきましょう。


    民保護ポータルサイト「武力攻撃やテロなどから身を守るために」はこちら。
    2017年4月21日(金) 19時50分19秒

    no title


    http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/hogo_manual.html


    【自分の住んでる街に核ミサイル打たれたらどこいけばいいの?】の続きを読む

     
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/21(金) 18:33:53.73 



    20160213164458a9f


    中高年がターゲットのシルバータイムドラマ、倉本聰脚本の『やすらぎの郷』(テレビ朝日)の視聴率が好調でテレビ各局がおびえている。

    なぜおびえているのか。

    テレビで高視聴率を稼ぐには中高齢の視聴者をターゲットにしなければならない」ということが証明された形である。

    これが証明されると、テレビ局は困るのである。

    なぜか?

    テレビ局自身も若者のテレビ離れなどには気づいている。

    しかし、それをおおっぴらにすることには強い抵抗がある。

    理由は、スポンサーからの要請があるからである。

    スポンサーは購買力のある若い層に訴えたいはずだ。

    見ている人が、金を持っていても、物を買わない年寄りばかりでは困るはずだ。

    だから、編成局などが旗振り役になって子供を除いた59歳以下を「コアターゲット」などと名付けることになる。

    ただし、「コア」からはずれてしまった還暦を過ぎた筆者などの年齢層は当然、気分がよくない。

    かくして、テレビ局はこれらコアターゲット層の視聴者獲得に全力を上げています、と電通及びスポンサーに猛烈アピールすることになる。

    実際の視聴率は若者離れを隠しきれない。

    大相撲が場所中だと視聴率のトップ20のうち15を大相撲〇〇場所初日から千秋楽の15日が占めてしまう勢いなのである。

    フジテレビの視聴率の凋落が激しい。

    これに対して、「見ているのが年寄りだけなのに、若者に向けて番組を作っているからだ」という議論がるが、これは間違いである。

    実際はもっと深刻で、「若者に向けた番組ばかり作るテレビ局とのイメージが染み付いて固定してしまったからで視聴率が上がらない」のである。

    フジテレビには、年寄り相手だなと思う作りの番組もある。

    しかし、そういった番組を新しく始めても、年寄りは保守的だから、チャンネルをフジテレビに合わせようとは思わない。

    結果、フジテレビに視聴率は流れない。

    イメージはは実際より強力なのだ。

    視聴率はスポットCMの売上と連動するので、テレビ局は儲けのために当然ながら視聴率が欲しい。

    それには中高年に見てもらわなければならないとは分かってもいる。

    しかし、スポンサーは「年寄りの視聴率はいらない」という。

    スポンサーにとっては年寄りで視聴率を取ったとしても

    「CM料金が高くなる割に、見ているのは年寄りだけというのでは、テレビCMは踏んだり蹴ったりのカネ食い虫だ」となってしまうからだ。

    だからこそ、見せかけの若者狙いの猛烈アピールになるのだろう。

    こういった視聴ターゲットによる番組の選別が、面白さによる選別とは全く関係ないことに現在のテレビの病根がひそんでいるのだと筆者は思う。

    『やすらぎの郷』は、夜のゴールデンタイムには若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ないという現状に対し、大人のためのシルバータイムドラマがあるべきだという倉本が企画。

    その提案を受けて決まったものだ。

    http://blogos.com/article/218487/


    【若者のテレビ離れの証明?  シルバードラマの高視聴率におびえるテレビ局】の続きを読む

     
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/21(金) 19:58:05.79 

    知人の30代のホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして、18日に警視庁新宿署に恐喝未遂容疑で逮捕されたタレントの坂口杏里(26)が21日、留置先の原宿署から釈放された。

    午後6時10分すぎ、坂口はほぼすっぴんのナチュラルメイクで白いマスクを着用し、白いトレーナーにグレーのスエットパンツ、ピンク色のサンダル姿で、通用口から駐車場に姿を見せた。

    報道陣約100人が集まる中、 「本当に恐喝したんですか?」などとの問いかけにも応じず、1秒間、正面に向かって頭を下げてワゴン車に乗り込んだ。

    逮捕容疑は18日、坂口容疑者がホストから金を借りようとしたが断られたため、 携帯電話から会員制交流サイト(SNS)を通じて「ホテルで撮影した写真をばらまく」とメッセージを送り、現金3万円を脅し取ろうとした疑い。

    坂口は19日に身柄が東京地検に送検され、尋問を受けた。

    当初は微罪で同日の内に釈放される見通しだったが、東京地検は勾留を決定。

    逮捕から3日後のこの日の釈放となった。

    坂口は、女優の坂口良子さん(13年死去、享年57)の長女。

    タレントとして主にバラエティー番組などで活動していたが、昨年10月に「ANRI」の名義でアダルトビデオ女優に転身し、これまで4作に出演している。

    スポーツ報知 4/21(金) 18:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000197-sph-ent

    写真
    no title


    【逮捕されたタレントの坂口杏里(ANRI) 留置先の原宿署から釈放!ほぼすっぴん 1秒間、頭下げ無言のまま車へ】の続きを読む

     
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/21(金) 17:17:01.33 ID:CAP_USER9

    2016年8月にNMB48を卒業した渡辺美優紀が21日、オフィシャルブログを開設した。

    「渡辺美優紀です!」と題して初めて更新されたブログには、「みなさん、こんにちは!渡辺美優紀です。

    「初めての個人ブログです..すこし緊張していますっ!とファンに向けて挨拶。

    「実は文章を書くことが好きでブログとして文章を綴ることも好きなんですどんなことを書こうかな?と、今からわくわくしています」と綴り、 「楽しくマイペースにやっていきたいなぁと思っていますので、よろしくお願いします」と意気込んだ。

    ◆黒髪姿も披露

    また、昨日染めたという黒髪姿を初披露。

    開設直後から「みるきーのブログ超楽しみです」「黒髪少女復活」「ブログ待ってました。毎日チェックします」「くろかみるきーは神」「かわいすぎ…」など、ファンから反響が殺到している。

    https://news.infoseek.co.jp/article/modelpress_1680631/

    ブログで黒髪姿も初披露 渡辺美優紀
    C969SLZUAAExe00

    C969SbKVoAEVK_5

    C969So2VwAA7vCg


    元NMB48渡辺美優紀 
    キャプチャ
     




    【元NMB48渡辺美優紀、ブログ開設で歓喜の声殺到 黒髪姿も初披露「くろかみるきーは神」「かわいすぎ」の声】の続きを読む

     
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 14:32:08.42 ID:CAP_USER



    今村復興相:また質問打ち切り 前回と同じ記者 - 毎日新聞

    https://mainichi.jp/articles/20170421/k00/00e/040/297000c

    質問した記者
    キャプチャ


    大人げない。その一言に尽きるのが、今村雅弘復興相(70)の激昂会見である。

    質問者に対し声を荒らげ「うるさい!」と捨て台詞を吐く。

    この醜態に野党は辞任を求め総理が謝罪する騒ぎとなった。

    きっかけを作ったのは、フリージャーナリスト・西中誠一郎氏(52)の質問だが、彼の来し方を辿ると、この会見の “闇の奥”が見えてくるのだ。

     ***

    新聞、テレビは、まるで鬼の首をとったかのようにこの一件を報じた。

    〈「切り捨てたい国の本音」 復興相発言 自主避難者ら反発〉(4月6日付朝日新聞)〈復興相発言「悲しい」自主避難者ら抗議次々〉(同日付毎日新聞)

    いかに国が被災者を冷遇しているかと突き上げるが、そもそも、4月4日の会見で焦点となった「自主避難者」とは、原発事故で国の定める避難指示範囲の外に住む避難者のことを指す。

    福島県生活拠点課の話。

    「国と県は、災害救助法に基づき自主避難者に対しても先行きが不透明であった点を考慮し、無償で住宅を提供してきました。

    しかし、指示区域外の除染が進捗し、米など食品の安全性も確保されたことを受け、国と協議の結果、3月末で支援を打ち切ることを決めました。平成27年度は約70億円が支援に充てられています」

    この経緯を知ってか知らずか、大臣を怒らせた西中氏は、支援打ち切りで路頭に迷う人々がいると質問し持論を展開していたのだ。

    西中氏「福島県だけではありません。栃木からも群馬からも避難されています」

    大臣「だから、それ……」

    西中氏「千葉からも避難されています」

    大臣「いや、だから……」

    西中氏「それについては、どう考えていらっしゃるのか」

    このやり取りを聞いた先の県生活拠点課が言う。

    「福島県外の方に住宅を無償提供したことはありませんので、正直言って、質問の趣旨が分かりません」

    震災から6年経っても、被災者に必要な支援を行うべきなのは言うまでもない。

    けれど、西中氏が会見で主張する「県外」の自主避難者にまで援助を行うほど、この国に財政的余裕はない筈だ。

    まして、科学的に安全だと根拠が示されているのに、なお帰れない人がいると公の場で繰り返し強調すれば、福島への風評被害を助長することに繋がる。

    ■国会の衛視に連行

    当の西中氏の言い分はこうだ。

    「政府の決めた避難区域の設定の仕方が違うんじゃないかという思いがずっとあって、ちょっと話がこんがらがってしまった部分はありました。けど、かなりしつこく聞かないと大臣はまともに答えないだろうなと。そういう苛立ちは最初から持っていましたので」

    意見の異なる相手に己の主張を繰り返し、譲らない。

    取材者より「活動家」といっていい彼のSNSには、口にハンカチを詰められ国会の衛視に連行される自らの姿がアップされている。

    これは、特定秘密保護法の成立に反対して野次を飛ばした際の新聞記事を転載したものだが、明らかに“ジャーナリスト”としての矩(のり)を踰(こ)えてはいないか。

    「この時は目立っちゃいましたが、傍聴席から野次っている人は他にもたくさんいました。

    それが、僕だけニューヨークタイムズに一番でっかく取り上げられてしまいまして」(同)

    これだけではない。韓国が条例を改正し慰安婦像の撤去を回避しようとする動きを引き合いに、今年3月、

    〈素晴らしい!日本の国会議事堂内にも設置すべき。歴史事実から学べ!〉

    とツイッター上でコメントしたのだ。

    どうやら慰安婦問題には人一倍思い入れがあるようで、過去にはこんな風にも呟いている。

    〈少女像一体にビビる日本政府。余程後ろめたいのだろう〉

    かような人物にアジられて煽られて、激昂する大臣も大臣だが――。

    ワイド特集「闇の奥」より

    http://news.livedoor.com/article/detail/12958969/


    【今村復興相:また質問打ち切り 前回と同じ記者 - 毎日新聞 今村復興相を激怒させたジャーナリストの正体 “国会議事堂にも慰安婦像を設置すべき”】の続きを読む

     
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/21(金) 12:17:33.31 ID:CAP_USER9

    剛力彩芽を主演に迎え、女子刑務所を舞台に異色の刑務所群像劇を繰り広げるドラマ「女囚セブン」が、 いよいよ4月21日(金)今夜放送スタート。

    この度、すでに出演が発表されている安達祐実が、第1話で“セーラー服”を着て登場することが明らかになった。

    本作は、剛力さん演じる謎多き京都の芸妓・神渡琴音が、“殺人罪”という無実の罪をかぶり女子刑務所へ。


    そこで待ち受けていたアクの強い女囚たちから壮絶なイジメを受け、激しいバトルを繰り広げていく…という、「民王」「SPEC」シリーズの西荻弓絵が描く完全オリジナルストーリー。

    第1話では、現代的で平和に満ち溢れた模範囚だらけの「花園女子刑務所」から脱走騒ぎが起きた! 

    刑務官たちが慌てて追いかけると、脱走した巨体の受刑者・“野獣”こと山川まお(山崎静代)を軽々と背負う、無表情で暗い目をした若い女が現れる。

    その女こそ、新たにここに収監された受刑者・神渡琴音。

    罪状を問う刑務官に琴音は一言、「殺人どす」と言い放つ。

    やがて琴音は、これから毎日生活を共にする“共同室”のメンバーのもとに案内される。

    謎多き政治秘書・楠瀬司(山口紗弥加)、夫殺しの元ヤンシングルマザー・市川沙羅(トリンドル玲奈)、 遺産目当ての後妻業の女・津田桜子(平岩紙)、全身整形の美容整形看護師・矢島千鶴香(橋本マナミ)、 老老介護で夫を殺した最高齢・平塚うめ(木野花)、そして刑務所No.1の情報屋・坂本奈津(安達祐実)。


    その日から琴音は“仲間の芸妓を殺した芸妓”とあって、遠慮なく好奇の目にさらされることに。

    さらには“新人イジメ”の標的となり、超前時代的な嫌がらせを受けることに。

    しかし、当の琴音は全く気にかける様子なし。

    不気味なほどに一言もしゃべらない。

    そんな中、脱走騒ぎを起こした“野獣”ことまおが懲罰房から出てくることに。

    「脱走を阻止された!」 と琴音を逆恨みしていたまおは、怒りに任せて、報復に出る! さらに、琴音の罪となっている芸妓殺人事件は、なんと冤罪だった。

    実は琴音は“別の目的”をもって、あえて刑務所に入ってきたようで…?

    今回安達さんが演じているのは、剛力さん演じる琴音が収監される「花園刑務所」内でNo.1の情報屋・坂本奈津役。


    奈津は、ある理由から食い逃げを繰り返し、何度もここにお世話になっているという役どころ。

    入所早々、同部屋の女囚たちから前時代的な嫌がらせを受ける琴音だが、そんな中でなぜか奈津だけは琴音の味方をし、 さりげなくフォローしてくれるような行動を…。


    しかし奈津の動きにも実はある思惑が隠されているらしい。

    女子刑務所が舞台となっている本作は、キャスト陣はほぼ全編通してピンクの囚人服を着用。

    そんな中、セーラー服姿を披露した安達さんに、スタッフからは「おおーっ!」と歓声が。

    しかし安達さんは、「キツいんじゃない?」「35歳にもなってやばくない?」と心配顔。

    一体、奈津はなぜセーラー服を着ているのか? 


    本人以外は「とっても似合ってる!」と大絶賛だった安達さんの渾身のセーラー服姿、奈津の過去と併せてお楽しみに。

    「女囚セブン」は4月21日より毎週金曜日23時15分~テレビ朝日系にて放送。

    cinemacafe.net 4/21(金) 12:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000007-cine-movi
    画像
    no title


    【安達祐実 35歳、セーラー服姿を披露 スタッフからは「おおーっ!」と歓声が。】の続きを読む

    このページのトップヘ