「家事でお金をもらいたい」女性は半数以上 「専業主夫になりたい」男性は4人に1人という調査結果


キャプチャ


 
ワタベウェディングが行った「家事に関する意識調査」によると、既婚女性の半数以上が「家事を行うことでお金を得たい」と回答したという。

それはそうだろう。毎日やっている家事労働でお金がもらえるものなら、やりがいはもちろん、やり方すら変わってくるはずだ。

調査は、2016年12月21日にインターネットを通じて行われ、20~40代の既婚男女402人(男性:201人、女性201人)から回答を得た。

1月31日の「愛妻の日」にちなんで1月26日に発表されている。

「専業主婦(主夫)になりたいですか?」という質問もあり、回答は興味深いものだった。 

40代男性は家事に賃金が発生するのはおかしい、と考えている?

「家事を行うことでお金を得たいと思いますか?」という質問では、性別と年代別で結果が違う。

女性は男性の約1.6倍となる58.2%が「はい」と回答。

年代別では、男女共に30代(男性43.3%、女性62.7%)が、最も家事の対価としてお金をもらいたい考えであることがわかった。

また、「いいえ」と答えた割合が最も高い(80.6%)のが40代男性だ。お金を貰いたくないというより、「賃金が発生するなんておかしい」という考えが根強いのではないだろうか。


注目なのは「男性の約4人に1人、女性の半数以上が『専業主婦(主夫)になりたい』ことが判明!」

以下ソース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2644297


twitterの声