1: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 21:40:24.14 ID:CAP_USER9

◇ガ大阪、

サッカーJ1・ガンバ大阪のサポーターが16日のリーグ戦で、ナチス・ドイツの親衛隊のマークに酷似した応援旗を掲げていたことが20日、分かった。

ガ大阪は「政治的意味合いを連想されかねない。厳しく指導していく」として、今後応援旗を掲げたサポーターを特定し、直接指導する方針。

ガ大阪によると、ナチス親衛隊を示す「SS」をかたどった応援旗は、16日に大阪市のヤンマースタジアム長居であったセレッソ大阪との試合中にガ大阪側サポーター席に掲げられた。

試合後にメールなどで問い合わせがあり、クラブ側が調査し確認した。インターネット上でも問題視する書き込みなどが相次いでいたという。

ガ大阪は数年前にも、試合中に今回と同様の応援旗をサポーターが掲げていたことを確認しており、「その時は二度と掲げないよう指導し、その後使用されていなかった」としている。

Jリーグは規約第1章(総則)で、人種や宗教、政治などを理由に国家、個人、集団への差別を行ってはならないと定めている。

2014年3月には、J1浦和レッズのサポーターが試合会場に「JAPANESE ONLY」(日本人以外お断り)と書かれた横断幕を掲げたため、 差別にあたるとして浦和にホーム戦無観客試合の処分を科すなど厳しい姿勢で臨んでいる。

Jリーグは「ガンバ側から報告は受けている。まだ事実関係がはっきりしないのでコメントできない」と話している。【丹下友紀子】

◇なぜ使ってはいけないのか、説明することが重要

「サッカーと人種差別」(文芸春秋)の著者、陣野俊史さんの話 歴史的背景を知らずに、簡単に「SSマーク」などを使っても良いという雰囲気が世間に広がっていると感じる。

なぜ使ってはいけないのか、タブー視されるのかを使用者に説明することが重要だ。サッカー界だけの問題にしてはいけない。 



こういうので騒いで報道するのはいつも朝日か毎日・・・

毎日新聞 4/20(木) 21:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000126-mai-socc



その後謝罪
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170421-00010000-footballc-socc



3: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 21:41:25.24 ID:nNgYJebI0

使っちゃいけない理由を教えろ


5: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 21:42:34.09 ID:wJsRuReF0

日本人が日本国内で使って怒られる理由って何?


12: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 21:45:13.96 ID:gFHwlmqh0


ドイツ親衛隊のロゴSSとドイツ労働戦線のロゴ歯車を組合せてるのは明らかでナチスを意識していないというのは無理があるかと。
(写真はお借りしました)
no title

no title

no title

https://twitter.com/saikyou_urawa/status/855031505109659648
(因みにドイツ労働戦線はナチス傘下の労働者団体)



これって、ナチスがシンボルとして利用した「トーテンコップ」(デス・ヘッド)に似ています。

どこまで作ってる?

@GAMBA_OFFICIAL @J_League
no title

no title


https://twitter.com/aishiterutokyo/status/854992573546377216


16: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 21:50:04.05 ID:9Hqj+Nx60

これな
no title


31: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 21:56:38.66 ID:fi7mBe/V0

別に良いじゃねぇか


46: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 21:58:48.48 ID:Y3uWbgLp0

そもそもナチスだけのマークじゃないのにな


60: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 22:02:42.39 ID:behrjbFL0

つーか、ナチスがダメな理由は何??


81: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 22:08:53.53 ID:WutIkDS70

欧米の背後にいるユダヤが過剰にナチを叩いてるだけ
日本もそれに追随する必要は無い


122: 名無しさん@恐縮です 2017/04/20(木) 22:15:28.78 ID:BIPmFwtZ0

 

no title