1: 名無しさん@涙目です 2017/10/31(火) 16:09:23.67 0



キャプチャ


キャプチャ


立憲民主党の初鹿明博衆院議員(48)が、支援者の女性に強制的にわいせつ行為を働いた疑いのあることが、「週刊文春」の取材でわかりました。

これはその疑惑を初鹿氏本人に聞いた、直撃取材の模様をおさめた動画です。

10月22日に行われた衆議院選挙では小選挙区(東京16区)で敗れたものの、比例復活で3期目の当選を果たした初鹿氏。




東大法学部を卒業後、鳩山由紀夫元首相の秘書などを務め、2009年に民主党公認で出馬し初当選。

家族は妻と3人の子供がいます。

女性の友人によれば、2015年5月、初鹿氏は懇親会の後、帰宅途中のタクシーの中で酔って女性にキスを迫ったといいます。

女性は拒否しましたが、初鹿氏の行為はさらにエスカレート。

自らズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなど強制的にわいせつな行為に及んだそうです。

「週刊文春」取材班が直撃すると、初鹿氏は「酔っていて覚えていない」を繰り返しました。

改めて、事務所に取材を申し込むと、書面で次のように回答しました。

「タクシーに同乗した際にご指摘のような行為を行った記憶はございません。不快に思わせる言動があったとすれば申し訳ないと思っております。

いずれにせよ、意に反したわいせつ行為をした記憶はございません」

立憲民主党を巡っては、「週刊文春」が先週号で、初当選した青山雅幸議員のセクハラ疑惑を報じ、同党は党員資格停止の処分を下したばかりです。

相次ぐ性暴力問題の発覚に、立憲民主党がどのような対応をとるのか、注目されます。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/8813


3: 名無しさん@涙目です 2017/10/31(火) 16:13:18.76 0

辞職しろよミョンバク


6: 名無しさん@涙目です 2017/10/31(火) 16:25:04.77 0

このまま一人ずつ減っていって最後には党が空っぽになりそうだな