キャプチャ



「住みたい都道府県」、3年ぶりに調査してみた →あの県が首位に

3年ぶりの「住んでみたい都道府県」調査で順位に大きな変動があった。

Jタウン研究所は2018年1月11日から10月2日までの265日間、「どの都道府県に住んでみたいですか?【2018年版・都道府県別調査】」と題してアンケート調査を実施。全国で3714人の読者から投票をいただいた。

中国地方からあの県が「住んでみたい」都道府県については、は15年に同様のアンケートを行った。

その際は、福岡県が1位だったが、今回で1位になったのは「岡山県」だ。

山陽新聞(ウェブ版)が17年5月30日に公開した記事によると、16年度に県外から岡山県に移住した人は前年度比919人増の1845世帯、2773人にのぼった。

この年まで移住者が3年連続も増加していることからも人気の理由がうかがえる。

移住者の理由について、県内の各市町村窓口が転入者向けに行ったアンケートによると、「災害が少ない」や「気候が温暖」が理由に挙げられていた。

市町村別の転入者数は岡山市が396人で最も多く、倉敷市307人、井原市217人と続いている。(略)

以下ソース

https://news.nifty.com/article/item/neta/12150-099509/

thumb-12150-099509-item
 

twitterの声