触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「ヒラズゲンセイ」が京都や滋賀で生息域を広げている。

四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた。

専門家は見つけても触らないように呼び掛けている。

ヒラズゲンセイは、ツチハンミョウの一種で体長約2、3センチ。

真っ赤な体とクワガタのような大あごが特徴で、6、7月に成虫になる。体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。 (略)

引用元ソース

危険生物「赤いクワガタ」要注意 生息域が拡大、体液でかぶれ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000003-kyt-sctch


twitterの声






見つけた人はテンション上がってる模様・・・









動画