1: 名無しさん@ 2021/04/07(水) 17:18:49.92 ID:c0es7xm+9


1-9-768x1024



新聞販売の現場で、高齢者を狙う悪質なトラブルが頻発しているとして、元新聞記者が編集長を務めるジャーナリズムNGOが警鐘を鳴らしている。

4月7日、都内の日本外国特派員協会(FCCJ)で会見が開かれ、海外のジャーナリストに向けて、実態が報告された。

認知症や一人暮らしの高齢者が執拗な勧誘にあい、契約させられるなどしており、国民生活センターには毎月100件ほどの相談が寄せられているという。

●「何度も断ったが押し切られ」

会見を開いたのは、今年3月に「ワセダクロニクル」から改称した「特定非営利活動法人Tansa」の編集長・渡辺周氏。

元朝日新聞の記者で、2020年12月から「高齢者狙う新聞販売」という調査報道を続けている。

渡辺氏らが国民生活センターに情報公開請求をしたところ、高齢者への新聞販売に関する相談は毎月100件ほどあり、緊急事態宣言中だった2020年4月では148件、同5月で126件あったことがわかったという。

中には次のようなものもあったという。

「介護施設でヘルパーをしているが、認知症の利用者が強引に契約させられ、代わりに解約交渉しているが不安になった」(2020年1月)

「一人暮らしの母の所に新聞勧誘員が来て30分くらい粘られた。目が悪くて字が読めず、何度も断ったが押し切られ契約してしまった。解約したい」(同4月)

「母親が認知症なので、知らない間に新聞の契約をしてしまい、何社も契約している。今日、契約書を見つけた。どうしたらいいか」(同5月)

渡辺氏は、「家族や介護ヘルパーがいたから相談できるが、家族と疎遠だと難しい。月100件の苦情はごく一部でしょう」と指摘する。

●「新聞はまったくペナルティーを受けません」

悪質な営業の背景には新聞社の厳しい経営状況があるという。

全国紙・地方紙・スポーツ紙を合わせた2020年の発行部数は3509万部で、前年から272万部減った。

前年比7.2%減で、減少幅は過去最大だ... (略)

引用元ソース

弁護士ドットコム 4/7(水) 17:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f156a8281a2e8efd6959c30b15cc991ff9ec863



4: 名無しさん@ 2021/04/07(水) 17:20:22.71 ID:KrId71A10

消費税8%で買える紙だぞ


42: 名無しさん@ 2021/04/07(水) 18:21:04.76 ID:zEtRuAnV0

>>4
せめて白紙なら価値がある


9: 名無しさん@ 2021/04/07(水) 17:24:13.67 ID:HhLIpT4v0

親を一人暮らしさせるなよ


11: 名無しさん@ 2021/04/07(水) 17:25:03.00 ID:lbdhjxnj0

前日のニュースまとめた紙欲しいか?


22: 名無しさん@ 2021/04/07(水) 17:29:19.26 ID:wPba9PAk0

おまえら新聞全否定なのは行き過ぎ
月2000円なら俺は取っていいぞ。
今は4000円以上が普通だが新聞肯定派の俺でもそこまでの価値を感じない


39: 名無しさん@ 2021/04/07(水) 17:53:55.07 ID:7WKMR3eu0

1か月だけお願いしますと言って2か月目も入れてくるとかな