1: 名無しさん@ 2022/07/04(月) 13:04:55.91 ID:CAP_USER


北海道新聞社は紙面で使用してきた「黒電話マーク」を2022年7月1日夕刊の記事から廃止した。

北海道新聞帯広報道部、北見報道部の公式ツイッターが同日伝えた。「何のマークか分からない人が増えたことなどが理由」としている。

紙面で使われてきた「黒電話マーク」(北海道新聞帯広報道部のツイートより)

北見報道部は「黒電話の使い方」説明

「黒電話マーク」は電話番号を表す際のマークだ。

昭和期に家庭に普及したダイヤル式の「黒電話」を元にしているが、黒電話はすでに多くの家庭から姿を消している。

北見報道部のツイッターは1日、「個人的には昔、実家で使っていたこともあり、このマーク好きでした」と担当者がエピソードを報告。

4日のツイートでは「受話器(上の取っ手)を持ち上げます。ダイヤル(透明の円盤)にある数字の穴に指を入れ右方向へ。5時方向の金属部分まで回すと、それ以上進まないので、そこで指を抜く。するとダイヤルが左回転して元の場所に戻る。電話番号順に同じ動作を繰り返すと、電話がつながります」と、黒電話の使い方も丁寧に説明していた... (略)

引用元ソース

https://www.j-cast.com/2022/07/04440882.html




7: 名無しさん@ 2022/07/04(月) 13:45:26.88 ID:kaEeNBYM

>>1

黒電話マーク 別の意味があるのかと思った


5: 名無しさん@ 2022/07/04(月) 13:37:13.09 ID:U4q2YFbr

📞←これにしとけ


19: 名無しさん@ 2022/07/04(月) 15:45:24.73 ID:gz7340mS

そんなわけないだろ
嘘言うでない


20: 名無しさん@ 2022/07/04(月) 17:10:42.21 ID:CGoVNt4u

新聞のメイン購読者層は 高齢者だろうに