1: 名無しさん@ 2023/01/22(日) 12:57:46.53 ID:teTDG1W79


6da61d99-s



東洋一の繁華街、新宿・歌舞伎町。その華やかな世界の裏で、貧困にあえぐ女性に焦点を当てたルポルタージュ『 歌舞伎町と貧困女子 』(宝島社)が話題を集めている。

コロナ禍の危機的状況から復活した街の主役は、中年男性からZ世代の若者にとって代わられ、売春が日常風景となっていた。

そして“欲望の街”に引き寄せられる女たちは、「貢ぐ」ために貧困化している。 

ホス狂いの宮下あさ美(仮名、25歳)は抜弁天のすぐそばにある家賃12万円の賃貸マンションに暮らす。

「ホストクラブに行く前なら、別に取材を受けてもいい」と連絡をもらい、ここで待っている。

もしかしてと思ったが、事故物件だらけで有名な賃貸マンションから現れた。

マンションのエントランスから、全身小柄で黒ずくめ、マスク姿の宮下あさ美が出てきた。

筆者に近づいて来て軽く会釈する。

職安通りの坂道を下りながら、さっそく話を聞いた。

ホストクラブに行くようになったのは、一昨年(2020年)の10月くらい。

大学時代から風俗は少しやっていたけど、ホスト行くようになってガチで働くようになった」

最初は一回の会計が数万円だったけど、なんかだんだんと20万円、30万円って使うようになって、気づいたらいまみたいになっちゃった。担当が喜んでくれるからシャンパンを下ろしちゃう」

一般的にホストは大きな金額を使ってくれる女性から待遇や接遇をよくしていく。


ホストには何人もの女性客がついていて、同じホストを指名する女性同士の競争がある。

そのため、女性たちはこぞってお金を使う。

ホス狂いの女性たちは華やかな場所で数十万円するシャンパンを飲みたいのではなく、ホストとの関係をもっと深めるために高額シャンパンを注文するのだ。


宮下あさ美はホストクラブを知ってから、本気でお金をつくろうとソープランドに移籍した。

そして週6日の鬼出勤をするようになり、10日間の地方への出稼ぎ風俗も積極的に行くようになった... (略)

引用元ソース

https://news.yahoo.co.jp/articles/5db9283033bf514e49c29dbfd31ed6253fb4cd09



10: 名無しさん@ 2023/01/22(日) 12:59:50.08 ID:WVbX4Ol50

>>1
女の貧困の実態なんてこんなもの


53: 名無しさん@ 2023/01/22(日) 13:04:34.40 ID:2LVZRDfg0

>>1
こういうのは貧困とは言わないだろ


267: 名無しさん@ 2023/01/22(日) 13:25:00.39 ID:Yrxft+i90

>>1
それ貧困ちゃう浪費や


565: 名無しさん@ 2023/01/22(日) 13:57:23.20 ID:xv+m12T40

>>1
それは貧困ではない


852: 名無しさん@ 2023/01/22(日) 14:32:59.79 ID:4MMn2/Sc0

>>1
風俗嬢がいくら貢いでもそのホストの本命にはなれないのが悲しい


15: 名無しさん@ 2023/01/22(日) 13:00:31.79 ID:GxCRJc0F0

カネ使いたいなら、その分働け
それだけの話


17: 名無しさん@ 2023/01/22(日) 13:00:56.03 ID:wGapROHB0

貧困なのは頭の中身の方でした