1: 名無しさん@ 2023/01/26(木) 10:48:28.19 ID:OIX5sOTV


スクリーンショット 2023-01-26 053559



2022年12月8日の『英雄』試写会(写真=OSEN/共同)

昨年12月21日に韓国で公開された『英雄』なる映画が、260万人超の観客動員を記録する大ヒットとなっている。

題材は伊藤博文を暗殺した安重根(1879~1910年)、つまり「反日英雄」である。

韓国で名匠として知られるユン・ジェギュン監督の新作映画『英雄』は、安重根義挙100周年の2009年に初演されたミュージカル『英雄』が原作となっている。

伊藤博文の襲撃を謀った安重根が、死刑判決を受けて死を迎えるまでの1年を描き、ミュージカルで安重根を演じたチョン・ソンファが映画版でも主演を務める。

すすり泣く声が響く

実際に『英雄』を観た漢陽女子大学助教授の平井敏晴氏はこう語る。

「演技派で知られる豪華キャストが揃っているだけあって、演技や歌が素晴らしい。特に主演の俳優は驚くほど安重根に似ていました。重い題材なのにミュージカル映画ということもあって、エンタメとして楽しめるようになっている。女性の観客も多く、すすり泣く声が響いていたのが印象的でした。

安重根の母親役(ナ・ムニ)は日本でいう赤木春恵さんのようなベテラン女優で、刑務所にいる息子に死に装束を送り、死刑判決に控訴することは大日本帝国に命乞いをすることだから正義のために死を選びなさいと手紙を書く。その母が歌う場面は圧巻で、韓国人なら誰もが泣いてしまうような劇中のハイライトとなっていました」

だが、行きすぎた反日感情を感じさせる場面もあったという。

物語の序盤、「なぜ朝鮮の強制統治に反対されるのか?」と側近に聞かれた伊藤は、韓国を犬にたとえてこのような台詞を口にする。

「犬を手なずけるには2つの方法がある。ひとつはボコボコになるまで殴る。もうひとつはとても可愛がって言うことを聞かせる。今の朝鮮は後者だ。もしそれで出しゃばったことを言い始めたらボコボコに殴ればいい」

そうした劇中の台詞からは、史実を無視したような歪曲も感じられたと平井氏は語る。

「伊藤博文は朝鮮人だろうが日本人だろうが好みの女性とは関係を持とうとする女好きで野望に満ちた人物として描かれています。当時はまだ使われていなかった『大東亜共栄圏』という言葉が出たり、日本の統治下となったのはもっと後にもかかわらず『日本には満州があるんだ』と口にしたりする。軍国主義の悪い要素をすべて伊藤に集約させてしまい、反日感情を露わに作られた物語ということは伝わります」


安重根は韓国人の愛国心をざわざわと掻き立てる存在で、大日本帝国という悪が強烈に描かれていました」(同前)

韓国の映画情報サイトによると『英雄』の観客年代層は30~40代が多く、韓国語で「愛国心が掻き立てられた」「歴史を忘れる者には未来がないです」といったコメントが寄せられ... (略)

引用元ソース

※週刊ポスト2023年2月3日号

https://www.news-postseven.com/archives/20230126_1834437.html



動画


7: 名無しさん@ 2023/01/26(木) 10:56:14.40 ID:FQZSLGz2

日韓併合で日本のカネで学校、病院ができ、鉄道も通った。

そう言う意味では英雄だわな


8: 名無しさん@ 2023/01/26(木) 10:56:53.28 ID:7l0X7CLT

>歴史をわすれるものには未来がない

都合のいいファンタジーは歴史じゃないんだぜ?


11: 名無しさん@ 2023/01/26(木) 10:57:55.55 ID:bBvXG5Vs

併合に加担した側というのは置いといても結局併合されたのにヒーローなの?
むしろその後の独立に直接貢献したやつおらんの?


13: 名無しさん@ 2023/01/26(木) 11:04:16.98 ID:LJdnP/ro

どんな映画を作ろうと自由だが、これを史実だと捉えるからタチが悪い