1: 名無しさん@ 2023/07/22(土) 10:43:46.25 ID:MB3dEu2o0● BE:512899213-PLT(27000)


スクリーンショット 2023-03-07 094008-makoto117



子どもや若者の性被害を防止するため、政府がまとめた緊急対策の原案が21日、判明した。

子どもと接する職場での就労希望者に関し、雇用者が、性犯罪歴がないことの証明を求める仕組み「日本版DBS」の創設に向けた検討を加速させ、早期の法案提出を目指すと明記したことが柱だ。

26日にも関係府省庁会議で決定し、小倉少子化相が公表する。

日本版DBSは、英国のDBS(ディスクロージャー・アンド・バーリング・サービスの略称)制度を参考にしたものだ。

教育や保育関係の雇用者が、全ての性犯罪者の性犯罪歴を登録したシステムで、就労希望者について照会できる仕組みを想定している。

憲法が保障する「職業選択の自由」や「プライバシー権」にも関わるため、対象とする職業の範囲や情報管理のあり方をどう定めるかが課題となる。

制度設計を詰め、早ければ今秋の臨時国会に関連法案を提出する。

原案では、保育園などで虐待があった場合、発見者らに自治体への通報を義務付ける児童福祉法の改正を検討する方針も示した... (略)

引用元ソース

https://news.yahoo.co.jp/articles/97b0efb803e5bce201dd4e2ef4c0b04215788a50





4: 名無しさん@ 2023/07/22(土) 10:48:07.67 ID:L0siH4YU0

こういうのってほんとに要るの?
警察には前科前歴のデータベースが既にある訳で、
警察のデータベースの性犯罪者にだけタグ付けして、
教育や保育関係の雇用者が、その一部情報だけアクセスできるようにすれば良いだけに思えるんだけど


9: 名無しさん@ 2023/07/22(土) 10:51:09.05 ID:JaF8lQtJ0

遅いわ!


36: 名無しさん@ 2023/07/22(土) 14:03:40.81 ID:+iuHdiZC0

やっとかー